コリとアルコールについて

こんにちは。トアロード整骨院です。

まだまだ暑い日が続いていますね!

強い日差し、かと思ったら急な激しい雨がふったり、不安定な天気に悩まされますが、

皆様いかがお過ごしされていますか?

ただ、やはりまだまだ暑いですよね。

そんな暑い日には冷えたビールを飲んで気分爽快に

なんて方もおられるのではないでしょうか。

ただし、ここで注意が必要です!

古くから「酒は百薬の長」なんてことも言われ

適度なアルコールは健康に良いとも聞きますが

体質はもちろんのこと、普段お酒が好きでよく飲まれる方でも

その時の身体の状態によって、有害なものになります。

例えば、

”後頭部、首、肩がひどく凝るとき”

こんなときはアルコールを控えることをお勧めします。

アルコールというものは肝臓を疲れさせます。

また東洋医学では気を上昇させると考えられます。

後頭部、肩や首に気血が集まり熱を持つことで、

筋肉が硬くなってしまいます。

また後頭部や肩には、肝臓に深く関わるツボがあるため

その肝臓に係るツボ周辺の気が滞って凝りを感じます。

飲みすぎて酒灼け(充血、発赤)するのもこの部位です。

ですので、

美味しくお酒を飲むためにも、まずはコリを治すことが大切ですね(^^)

マッサージや整体には、コリをほぐし疲れを癒す効果があります。

トアロード整骨院では、痛みの治療だけでなく、皆様の身体をトータルでサポートさせて頂きます。

元町駅より徒歩3分ですので、お気軽にお越しください。(神戸市中央区三宮町3丁目9-3 ウエストモンドビル3階)