食欲の秋と健康

皆様、台風は大丈夫でしたでしょうか。

台風による被害を受けられた皆様には心よりお見舞い申し上げます。

謹んでお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

 

『身体を整える食べ方を考えてみませんか?』

おはようございます、トアロード整骨院です。

令和を迎えた今年の夏は 極暑と激しい雨の繰り返しで荒れた天候でしたね。

外気と室内空調の寒暖差などで体調を崩す方もおられたと思います。

10月も中旬を迎え ようやく秋の空が広がってきましたね。

秋といえば「食欲の秋」を思い浮かべる方も多いと思います。

昔から「旬のもの」を食べることは身体に良い事と言われています。

秋刀魚(さんま)や秋鮭(あきじゃけ)など 漢字に「秋」が使われていてまさに秋の味覚ですね。

野菜もナスやサツマイモ、栗やカボチャなど、栄養豊富な食べ物が多くあります。

これらの食べ物には、ビタミンやタウリン、カリウム、ポリフェノールなど 体を労わる栄養が豊富です。

このように秋の旬と言われる食べ物は まさに厳しい夏を過ごした体を労わってくれます。

旬の食べ物を食べるということ=健康に必要なこと

皆様は 食事をするときに何を意識されますか?

美味しく食べることはもちろんですが 身体への栄養も考えたいものです。

身体の調子は日々違います その時の体調に合わせた食べ方をすることが大切です。

朝からスッキリ軽く感じる日もあれば しっかり眠ったはずなのに身体が重い日もあります。

疲労感が残っているのには様々な要因がありますが、食べ物で身体に負担をかけていることも考えられます。

食べた物は必ず消化吸収そして排泄をされます。

その過程で身体は栄養を取り込み 内臓や皮膚などの修復や活動するためのエネルギーにするために

身体の細胞は一生懸命に活動しています。

例えば、食べ過ぎて胃もたれがある、飲みすぎで二日酔いで気分が優れないなどは

消化吸収排泄の機能がオーバーして 身体が追い付いていない負担がかかった状態です。

疲れが取れない、スッキリ感がない、冷えやむくみ、便秘がある、というお話を伺います。

そんな方はぜひ食べ方を変えてみてください。

栄養のあるものを3食しっかり食べるということは 基本的に正しいですが

身体の調子が優れない時には負担をかける食べ方になってしまいます。

自分自身の今の調子をみて 食べる物と量を調整してください。

胃もたれしているときには 消化の良いお粥やうどんなどをお茶碗一杯くらい。

二日酔いで気分が優れないときには 温かいスープやお味噌汁を。

負担がかかった胃を休めて温かいものを摂ることで 血流がよくなり胃の動きを促します。

食べ過ぎたなと感じてたら胃腸を休ませる日をつくったり 

自律神経の働きから 身体を休ませる副交感神経が働く夜間に食べることを控えることで

ダイエット効果も期待できるかも知れません。

大切なことは、今の自分の身体の調子を感じ それに合わせた食べ方を選ぶことです。

身体の調子が整っていると より美味しくいただけるのではないでしょうか。

是非、秋の味覚を楽しんでください。

今回は 整体や鍼灸などのお話はありませんでしたが

皆様が健康でより充実した生活を送っていただけることを願い お話させていただきました。

たまに こうのような内容もお話できればと思います (^^)

これからも私どものお話にお付き合いいただければ と願っております。

トアロード整骨院では、痛みの治療だけでなく、皆様の身体をトータルでサポートさせて頂きます。

元町駅より徒歩3分ですので、お気軽にお越しください。(神戸市中央区三宮町3丁目9-3 ウエストモンドビル3階)