秋の乾燥肌と予防について

おはようございます、トアロード整骨院です。

季節はすっかり秋めいてきましたが 皆様いかがお過ごしですか。

朝晩涼しくなってきて 季節的に過ごしやすくなる一方で

「毎年この時期になると肌荒れが気になる…」

と乾燥肌の悩みが増える時季でもあります。

秋が深まり冬に向かうにつれて 気温とともに湿度が下がり空気は乾燥します。

乾燥は「かゆみ」の原因で最も多いと言われています。

とくに中高年になると肌の保湿性が低下し いわゆる「乾燥肌」になりやすくなります。

予防のためには日常のケアが必要となります。

かゆみが続くことは辛いものです。

皮膚が乾燥することを予防する方法

① 空間を加湿する

② 皮膚の保湿効果を高める

①の実践には 加湿器などを使いお部屋を適度な湿度に保ちます。

加湿器がない場合には 濡らしたタオルをハンガーにぶら下げておくことである程度代用が可能です。

またお部屋を加湿することは インフルエンザ等の予防にも役立ちますので

インフルエンザが増えるこの時期には ぜひ実践してください。

②の保湿効果を高める方法としては 保湿クリームを使用するという方法がありますが

皮膚自身の保湿機能を高めることも大切です。

これには ツボの刺激やリンパマッサージが有効と言われています。

ツボを刺激することで 自律神経の乱れを整えることで 臓器や器官の働きを良くし

血流の促進、ホルモンの分泌量の増加 また免疫力にかかわる細胞が活性化されるなど

お肌や全身の不調が改善されます。

では乾燥肌を改善するには どのようなツボを刺激するのが良いのでしょうか。

乾燥肌の改善には 解毒または排出に関わり身体の水分バランスを整える肝臓のツボを刺激するのが良いと言われています。

保湿クリームのように実践してすぐに結果がでるというものではありませんが

体質改善によりお肌の乾燥は徐々によくなります。

まず肝臓のツボですが 右足の小指の延長線上の足のつけ根の骨の下に 親指の腹を押し当てた範囲が肝臓のツボになります。

肝臓のツボの部分を左手の人差し指の第二間接を当てます。

この範囲を2つに分けて上から下に押しながらすべらせます。

リンパマッサージも リンパの流れを促し新陳代謝が活発になることで 乾燥肌を徐々に改善することが期待されます。

なにかお困りのことがございましたら ぜひお気軽にご相談下さい!

トアロード整骨院では、痛みの治療だけでなく、皆様の身体をトータルでサポートさせて頂きます。

元町駅より徒歩3分ですので、お気軽にお越しください。(神戸市中央区三宮町3丁目9-3 ウエストモンドビル3階)

 
当院のご紹介