歩行速度と認知症

歩行速度と認知症

 

歩行速度と認知症について。

歩行速度が遅くなると認知症になりやすいという研究があります。

また、介護にもなりやすいと言われています。

歩くことは大切ですので色々考えていきます。

 

歩行速度が遅くなる理由

1,足の疲れ

2,お腹に力が入らない

3,食べすぎ

4,糖尿などを含む病気

まだ、他にも色々ありますね。

 

毎日、快適に歩けている方はどれくらいおられるでしょうか?

歩行速度の改善にも私達はお役に立てると思います。

多くの方は、遅いのは足や体が疲れているからだと思っています。

歩行速度はとても大切ですので掘り下げて考えていきます。

 

次回までお待ち下さい。

 

当院のご紹介