春と東洋医学

おはようございます、トアロード整骨院です。

皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

最近はテレビでもずっとコロナウイルスの話題で、先日は緊急事態宣言がだされ

行動など自粛ムードで気が滅入ってしまいますね。

とは言っても滅入ってばかりもいられませんので、

本日は東洋医学から考える、春の過ごし方について少しご紹介したいと思います。

「春」というのは東洋医学でみると「肝」に影響を及ぼしやすい季節と考えられています

冬が明け、春になり気温も暖かくなり草木がぐんぐんと成長していくように、私たちの身体も活動的になります。

冬の間身体はずっと眠っている状態でしたが、春になり急に身体が活発になるため、私たちの体は対応しきれず不安定になります。

ここでいう肝とは、西洋医学でいう肝臓の働き(解毒作用・エネルギーの貯蔵など)とは少し違います。

東洋医学でみる肝の役割は目や筋肉、情緒のコントロール機能までと広範囲にわたります。

肝は上昇する性質をもっているため、春の暖かい陽気に刺激され肝の気がのぼり過ぎてしまうことがあります。

それが目の充血や頭痛、不眠症、イライラなどといった症状として現れるのです。

もう一つ肝の特徴的な症状は「張る」ということです。

肝は血液の循環を行うのですが、肝が弱くなると血液もうっ滞し、脇腹の張りや、腹部の張り感、生理痛、首肩こりといった症状として現れます。

イライラする、最近肩こりがひどくなったという方は、もしかすると肝の不調が原因かもしれません。

このような春の季節に影響を受けやすい肝を、養生するポイントは下記の通りです。

〇 酸味のある食べ物適度に摂る

柑橘系やお酢など酸味のある食べ物は、肝の働きを助ける作用があるのでこの季節におすすめです。

〇 ストレスを溜めすぎないようして、リフレッシュしよう

運動したり、お風呂に浸かったりとご自身に合ったリフレッシュ方法でゆったりできる時間を作るようにしましょう!

〇 一枚羽織れるものを持ち歩く

肝は風の刺激に弱い性質がありますので、一枚上に着れる服を持って急な天候の変化にも対応できるようにしておきましょう。

また、鍼灸治療も大変有効です。

最近お身体の調子が優れなかったり、お身体を元気な状態で保ちたいという方は、ぜひ一度東洋医学の観点からも養生してみてください!

トアロード整骨院では、痛みの治療だけでなく健康な身体作りについてもご紹介させて頂きます。

元町駅より徒歩3分ですので、お気軽にお越しください。(神戸市中央区三宮町3丁目9-3 ウエストモンドビル3階)