外反母趾の原因と治療

神戸元町トアロード整骨院が教える外反母趾の原因と治療法

 

外反母趾の痛みについては諦めてる方も多いのではないでしょうか?

もちろん外反母趾の重度の障害を持ってる方は、マッサージや整体で治療することは難しい場合があります。

しかし中程度のものまでであれば、マッサージや鍼灸、整体の力で治療をしていくことができます。

外反母趾の状態

東洋医学的に見ますと、肝臓のツボと膵臓系のツボに反応が出ています。

外反母趾を治すのは、足そのものの痛みと変形を取るのも大事ですが、治療をすることにより肝臓や膵臓の経絡の流れが良くなり、内臓の働きも改善されます。

今回は解剖学的に骨、筋肉を中心に治療法をご案内して行きます。

まずポイントになってくるのは第一中足骨

この骨の関節面の形状がこの第一中足骨が内側に倒れてしまうような形状になってます。

それが倒れないように筋肉でバランスを取っているんですが、筋肉のバランスが崩れてしまうと、この第一中足骨が内側に倒れてしまいます。

今度はその反動で親指の外側に倒れます。

外側に倒れてしまった結果、外反母趾になってしまいです。

外反母趾の治療法

外反母趾を解決するには、歪んだ筋肉と骨を正しい位置に戻してから、筋肉のバランスを取るようなトレーニングをすることで外反母趾を改善していきます。

その他、健康に関する情報を発信していきます。

交通事故や寝違え、腰痛など、そのほかお身体でお悩みの方は

ぜひ神戸の元町駅、三宮駅より徒歩3分のトアロード整骨院へお越しください。

 

当院のご紹介