五臓と感情の関係

東洋医学にある五臓と感情の関係性

 

東洋医学では五臓六腑の五臓と感情の関係性を説いています。

・ 肝は怒り、イライラ

・ 心臓は喜び

・ 脾臓は思い悩む

・ 肺は悲しむ

・ 腎臓は恐れ、恐怖

と対応しています。

感情のコントロールができれば良いですがなかなか難しいものです。

しかし、関係性がわかれば、対応する臓器のケアをすることでストレスから病気に近づかなくなります。

最近のベストセラー「反応しない練習」で詳しく説明されています。

人間であるので感情があるのは普通のことです。

しかし、一流と言われる人は感情のコントロールを上手く行っています。

日々起こることに一喜一憂していては大きな仕事はできないし、疲れてしまいます。

稲盛和夫さんは、成功も試練と言っています。

日々淡々と仕事をする、成功しても冷静に驕ることなく。

イチロー選手は、対戦相手に心を読まれない。

怒りの回避

自分の身の周りに起こることは自分の思いが招いていることが多いのです。

何れにせよ心が体に良くも悪くも大きな影響を与えます。

病気の大きな原因になります。

世の中の研究や心と体について色々と学べば健康だけでなく多くのことが学べます。

また後日、加筆して詳しく説明させて頂きます。

 

当院のご紹介