乾布摩擦 ー 簡単な健康法で肺の陽気の働きを改善

神戸元町トアロード整骨院が教える乾布摩擦の効用

 

最近、NHKで東洋医学についての放送がありました。

『東洋医学ホントのチカラ 今こそ元気に!健康長寿SP』という番組です。

その中で 乾布摩擦 が出てきました。

50歳を超えた方は、乾布摩擦という言葉を知っているかと思いますが、若い方はどうでしょうか?

乾いたタオルを両手で持ち、背中の肩甲骨あたりをこすると言う簡単な健康法です。

東洋医学的には、肺の陽気の働き を助けます。

皮膚表面を活性化し、東洋医学で言う肺の働きを高めます。

肺の陽虚とも言いますが、体表面の冷え、防衛力の低下、体表面の水滞、このようなものを改善していきます。

東洋医学には”頭寒足熱”という言葉もあります。

足湯などをすると頭寒足熱になりやすいです。

乾布摩擦も大変な効果がありますのでぜひお試しください。

 

その他、健康に関する情報を発信していきます。

交通事故や寝違え、腰痛など、そのほかお身体でお悩みの方は

ぜひ神戸の元町駅、三宮駅より徒歩3分のトアロード整骨院へお越しください。

 

当院のご紹介