上肢部の変形性関節症と治療

もう12月 師走ですね、年末年始は健康で元気に過ごしたいものですね!

今回は、身体の上部の中でも、肩関節、上肢の痛みについてお話したいと思います。

今回は、上肢部分の変形性関節症についてお話したいと思います。

腰痛と同様に、椎間板や関節がすり減ってきて痛みを起こします。

年齢とともに軟骨はすり減り、その過程で炎症を起こし痛みを感じることがあります。

身体の上部にある上肢の関節は比較的体重がかからないため、下肢と比べて問題は比較的に少ないと思います。

ただ、痛みが出ることはあります。

肩鎖関節や肘関節で痛みがでることが多いです。

手首から先で言えば、CM関節症、ヘバーデン結節、部シャール結節という疾患があります。

これらの痛みはリウマチの初期症状とよく似ているため、間違われることがありますが別疾患です。

しびれや感覚異常、握力低下などの神経症状がでる場合もあります。

トアロード整骨院では、これらの痛みを筋膜治療や鍼灸治療・整体治療の施術を行うことで

神経や筋肉の血流を改善させてこれらの痛みを治療致します。

その他のお悩みもぜひお気軽にご相談ください。

元町駅より徒歩3分ですので、お気軽にお越しください。

(神戸市中央区三宮町3丁目9-3 ウエストモンドビル3階)